アーカイブページ|テンプレート:タグのアーカイブ|WordPressでいこう

ヘッダ画像

「タグ:テンプレート」記事一覧

PHP条件分岐のif-else文 ワードプレス特化の用例集

if文は指定の条件に当てはまるケースとそれ以外で別の処理を行うための構文です。C言語やJavaScriptなど様々なプログラム言語で使用されますが、ここではWordPressのPHPに特化した形で解説します。基本の記述方法まずは基本の記述方法です。<?phpif(条件式) {当てはまる場合の処理} else {当てはまらない場合の処理}?>下は一度、判定時に一度PHPを抜けて処理をベタ...

WooCommerceのテンプレート構造

WooCommerceはWordPressの開発元Automattic社が公開しているECサイト構築のプラグインで知名度はピカイチです。ECサイトの機能、決済のセットアップや商品登録は当然重要なのですが、それ以前に基本的なテンプレート構造がつかめず、どうやって構築していくか難解なように思います。この記事では、その点にフォーカスして解説したいと思います。基本構成ECとしての基本カート機能、銀行振り込...

Confirm theme structure:プラグイン開発者のページ

このページはWordPressのページの表示に使用するテンプレートのリストを表示できるプラグイン「Confirm theme structure」の作者R3098による解説です。テーマのカスタマイズに必要な情報とはWordPressの初めてのカスタマイズはCSSで実現可能な範囲のデザイン調整。その次のステップはテンプレートファイルのカスタマイズでしょう。初心者の方がWordPressのカスタマイズ...

WordPressのRSSフィードを完全にコントロールする

WordPressではコンテンツの更新情報を知らせるために標準でRSSを出力します。その出力方法は...http://example.com/feed/該当URLにfeedを加えるだけです。単純に「フォードURLを知りたい」ということであればこれでOKです!以下、WordPressのフィード出力の仕組みについて詳しく知りたいという方のために詳しく解説します。WordPressではつぎの形式のFee...

絶対に分かる!WordPressの子テーマ作成

WordPressでは子テーマという機能があります。既存のテーマを作成すれば、カスタマイズする際に変更したい部分だけを子テーマで定義できます。前提として、テーマをカスタマイズをしなければそのまま使えばよい、これはそのとおりです。なぜ子テーマを使うのか?テーマを直接変更した場合、そのテーマがアップデートされると変更が失われるかもしれません。子テーマを使用すればテーマの変更は確実に保持されます。子テー...

noindexを任意のページに出力する

SEOでは欠かせないmetaタグのnoindexWordPressでは通常の静的HTMLサイトと違いテンプレートから一律にヘッダ情報が読み込まれることから、ページごとにnoindexを付けるのは面倒です。「All in One SEO Pack」や「WordPress SEO by Yoast」などのプラグインでも可能ですが、これらを使わずより柔軟、かつ記事登校時に手間をかけないようnoindex...

WordPressメディアサイズのカスタマイズ

WordPressで挿入できるメディアサイズは下記の4種類が用意されています。サムネイル:150×150px中サイズ:長辺300px大サイズ:長辺1024pxフルサイズアップロード時に各サイズにリサイズされ、画像挿入時には選択することで、生成された各サイズが配置されます。実際に使っていると3種類よりも多くの画像サイズを選択できるようにしたいケースもあるかと思います。このような場合に重宝するのが自由...

カスタム背景機能を利用する

通常であればホームページの背景はcssでbody要素にて指定することと思います。しかし、WordPressではHTMLやCSSに不慣れでもダッシュボードのテーマ設定でメニューから背景の画像や色を自由に指定することができます。CMSならではの便利な機能です。このカスタム背景の自作テーマなどでの使用方法を解説します。functions.phpでの定義カスタム背景機能使うためにテーマのfunctions...

ページ毎のスクリプトなど追加するヘッダー情報を指定ページのみに出力

以前にメールフォームプロCGIのWordPressでの設置方法を書きました。前回までの内容ではCGIでプログラムに必要なスクリプトの読み込みをヘッダテンプレート内に記述するため、例えばフォームが必要なのはお問い合わせのページだけだったとしても、トップページその他不必要なページにまで書き出してしまいます。表示速度やクローラビリティを考えるとヘッダ内はシンプルにしたいものです。プログラムに必要な記述を...

知ってる?canonicalタグの意味と基本!WordPressでの使い方

検索エンジンにサイトの構造を知らせるSEOで重要な役割のcanonical(カノニカル)というメタタグ。記事前半はその意味と基本、そして気になるMFIでの取り扱いについて解説します。後半はWordPressでのcanonicalに特化した内容となります。canonicalタグとはオリジナルページの明示以下はウェブマスターツールヘルプからの引用です。canonical ページとは複数の類似した内容の...

1 2