Additional Image Sizesを使わずイメージサイズを追加

WordPressで挿入できるイメージサイズ(画像サイズ)は小(サムネイル)・中・大サイズ(フルサイズ)の3種類が用意されています。
画像挿入時には選択することで「メディア設定」での数値にリサイズされます。
実際に使っていると3種類よりも多くの画像サイズを選択できるようにしたいケースもあるかと思います。
このような場合に重宝するのが自由にイメージサイズを追加することができる「Additional Image Sizes」というプラグインですが、残念ながらWordPress3.5以降では使用できなくなってしまいました。
今回はその代替え案を考えたいと思います。

代替えのプラグインを使用する

「Additional Image Sizes」が使えなくなって代替えとして多く使用されているのが、「Simple Image Sizes」というプラグインです。
設定がちょっと分かりずらいような印象もありますが、任意にイメージサイズを追加することができ、画像挿入時に選択することができます。

プラグインなしでイメージサイズの追加を実現する

今回のようにWordPressのバージョンアップ時にプラグインが使えなくなるのは大変面倒です。
そこでcustom_image_sizes関数を使いテーマのfunctions.phpでイメージサイズを追加することとしました。

基本的には画像サイズを決めてcrop(切り抜き)とselectable(画像挿入画面での選択)の項目をtrue or falseにて有効にするかを指定するだけで動きます。
WordPressのバージョンアップを行ったら「Additional Image Sizes」が動作せず、困った方もいらっしゃるかと思います。これを期にプラグインを使わず、イメージサイズの追加を実装してはいかがでしょうか。

※上記には日本語コメントが含まれています。このまま使用される場合は必ずfunctions.phpの文字コードUTF-8Nで保存してください。
※元ネタはSimple Colorsさんです。

フォローする

WordPressとはなにかもう一度おさらいしてみよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


五 + 1 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">