アーカイブページ|中級:タグのアーカイブ|WordPressでいこう | ページ 2

ヘッダ画像

「タグ:中級」記事一覧

noindexを任意のページに出力する

SEOでは欠かせないmetaタグのnoindexWordPressでは通常の静的HTMLサイトと違いテンプレートから一律にヘッダ情報が読み込まれることから、ページごとにnoindexを付けるのは面倒です。「All in One SEO Pack」や「WordPress SEO by Yoast」などのプラグインでも可能ですが、これらを使わずより柔軟、かつ記事登校時に手間をかけないようnoindex...

ページ内目次を見出しタグから自動生成

Wikiをはじめ、記事の先頭にリストの目次(インデックス)をつけているサイトを目にしたことがあると思います。記事の内容がざっと理解でき、さらにクリックすることでスクロール移動できます。訪問者にはとても優しい構成ですね。ただし、このリストの目次は手作業で行うとかなり面倒です。ユーザービリティの向上につながるとはいえ、投稿時に手間が掛るようではいただけません。このサイトでも実装していますが、はじめは便...

CGIなどで追加するヘッダー情報を指定ページのみに出力

以前にメールフォームプロCGIのWordPressでの設置方法を書きました。前回までの内容ではCGIでプログラムに必要なスクリプトの読み込みをヘッダテンプレート内に記述するため、例えばフォームが必要なのはお問い合わせのページだけだったとしても、トップページその他不必要なページにまで書き出してしまいます。表示速度やクローラビリティを考えるとヘッダ内はシンプルにしたいものです。プログラムに必要な記述を...

知ってる?canonicalタグの意味と基本!WordPressでの使い方

検索エンジンにサイトの構造を知らせるSEOで重要な役割のcanonical(カノニカル)というメタタグ。記事前半はその意味と基本、そして気になるMFIでの取り扱いについて解説します。後半はWordPressでのcanonicalに特化した内容となります。canonicalタグとはオリジナルページの明示以下はウェブマスターツールヘルプからの引用です。canonical ページとは複数の類似した内容の...

メールフォームプロCGIをWordPressに設置

WordPressのフォームについて、定番のContact Form7をはじめ、いろいろとプラグインにこと欠きません。しかし、静的なHTMLサイトから移行してきた方は使い慣れたCGIフォームを実装したいという場合も多いようです。ということで、今回は人気のメールフォームプロをWordPressに実装してみます。mailformpro CGI例としてあげてるのはメールフォームプロ(mailformpr...

マルチサイト構築方法まとめ

WordPressバージョン3.0以降に搭載されたマルチサイト機能の構築方法についてまとめます。マルチサイトは通常インストールした後に追加設定を行っていく形となります。マルチサイト化にあたっての準備わたしの場合は既存サイトをサブディレクトリ型で分割して専門性を高めるためにマルチサイトに移行することとしました。その中で事前に決めておいた方がよそうな点をあげます。URLの正規化いわゆるwwwありかなし...

マルチサイトでのrobots.txt

WordPressでのマルチサイト化に伴いわたしの場合は実際の運用に向けていくつかのハードルがありましたが、ふと疑問に思ったのがrobots.txtでした。robots.txtの重要性robots.txtはサイト内の検索エンジンのクローラーをスムーズに巡回させるための案内役であり、不要なコンテンツをインデックスさせないという役割も持っています。パンダアップデートは重複コンテンツや低品質コンテンツ(...

1 2