WordPressサイト真っ白を復旧

ヘッダ画像

WordPressサイト真っ白を復旧

WordPressのテーマカスタマイズ中に画面が真っ白になってしまった...

焦りますねぇ!!

このような場合はまずダッシュボード=管理画面にアクセスできるか確認します。
なんとかダッシュボードにアクセスできるようであれば、テーマを変更して原因を探求します。

もし、ダッシュボードにすらアクセスできなければ、頭も真っ白になってしまいそうですが、結論からいえば大丈夫です。
問題のあるテーマを非アクティブにすることで復旧は可能です。

有効テーマを削除する

実際にはFTPなどでサーバにアクセスしてテーマのバックアップを取った後にアクティブになっている問題のテーマを削除してしまうのが、もっとも手っ取り早いです。
サイト自体はデータベース上で指定されているテーマが存在しなくなってしまうため、表示されません。

テーマがないためエラー表示

しかし、この状態であれば、ダッシュボードにアクセスは可能になりますので、代替テーマで表示して対処を行うことができます。

また、該当のテーマが認識できなければよいので、削除ではなくテーマディレクトリ名を変更する方がより安全かもしれません。
twentyseventeentwentyseventeen.bkといった具合です。

ちなみにカスタマイズ中ではないトラブルの場合はWordPressの自動更新によって、テーマ、もしくはプラグインとの互換性に問題が生じた可能性が極めて高いです。
この場合も上記と同じくテーマ名・プラグイン名を変更して、無効化することで対処できる可能性が高いでしょう。

FTPなんか使ってない」という方は特別なクライアントソフトを使わず、ブラウザよりファイル転送などの操作を行う機能を持っているレンタルサーバも多いため、そちらを確認してみてください。
いくつかの例を挙げておきます。

ロリポップ!FTP
XSERVERファイルマネージャー
さくらファイルマネージャー

つまるところ、問題のあるテーマを非アクティブにすることで復旧は可能です。
参考までにFTPで操作する以外の対処法について解説します。

データベースからテーマを変更する

SSHで直接データベースを操作しても構いませんが、ここでは多少ユーザーフレンドリーなphpMyAdminでアクティブテーマを変更してみます。
実際の作業自体は難しくはないのですが、データベースを壊してしまうと、どうにもならなくなってしまう可能性もあります。
少なくとも、データベースのバックアップを取り、再度インポートできるくらいのスキルがなければ、この作業は危険を伴います。
もちろん、バックアップの上、注意して実行ください。

該当データベースのwp_optionsのテーブルから下記のふたつのoption_name項目を見つけます。

  1. template
  2. stylesheet

現在アクティブとなっているテンプレートが設定されているため、変更します。
ここで気をつけるのは表記のテーマ名ではなく、ディレクト名を記述すること。
例えば、テーマが純正のTwenty Seventeenであれば、twentyseventeenです。
これでアクティブテーマの変更は終了です。

2つのテーブル

いずれにしても、根本的な問題解決には、WordPressサイトを複製構築してテスト環境で検証することをおすすめします。

Duplicatorプラグインの複製でサイト移設、検証環境を作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

WordPressのログインユーザー名は丸見え!? 知っていますか?WordPressのログインユーザー名はだだ漏れだという事実を...ダッシュボード乗っ取り防止のためのセ...

絶対に分かる!WordPressの子テーマ作成 WordPressでは子テーマという機能があります。既存のテーマを作成すれば、カスタマイズする際に変更したい部分だけを子...

WordPressのRSSフィードを完全にコントロールする WordPressではコンテンツの更新情報を知らせるために標準でRSSを出力します。その出力方法は...http://e...

「トップに戻る」ボタンでスマホでのユーザビリティアップ! ウェブサイト上でコンテンツを下にスクロールさせると「トップに戻る」ボタンが出現して、クリックするとビューンとページの初め...