キーワードを含めたドメインが自動生成できる

いろんな見解がありますが、日本語ドメインにキーワードを含めることは特定の条件下で非常にSEO効果が高いようです。アルファベット表記のドメインにおいても、キーワードを含めることは現在でも有効とされています。

屋号などがある場合には新規で取得するメイン名に悩むこともないかと思いますが、そうでない場合に案外悩んでしまいます。数多く取得する際にはとくにそうですね。

そんなときにちょっと重宝するサイトを紹介します。

キーワードを含んだドメイン名の候補を挙げてくれる

こちらのWordoidsというサイトは取得できるいろんなドメイン名を生成してくれます。

上部の入力欄に含めたいキーワード(アルファベット)を入力して文字数を指定すると、その文字列を+含み単語に見えるようなドメイン名の候補が表示されます。(何も入力がない場合には指定文字数以下でランダムにドメインを生成してくれます)実際に単語的には意味がないものがほとんどですが、見た目にカッコイイものをチョイスできます。

例えば、犬(dog)を5文字以下で含むドメイン名なら・・・

doget
dogly
eldog
doggi
dogey
adogs
doggs

という具合に候補を挙げてくれます。

dog(5文字)で生成すると

直観的に使えるWordoids

ここで選んだドメイン候補を公式登録サービスなどで価格などを調べるとよいかと思います。

ちなみに、このサイトのseous.infoはここで見つけてみました。
気に入っているのですが、どうでしょう!?

格安のドメイン取得業者

現在は独自ドメインも安くなり、ほんとうに手軽に取得できるようになりました。有名どころのお名前.comなんかはよくキャンペーンをやっていて、180円!?なんていう破格で取得できることがあります。ただし、これは初年度の費用で2年目以降は急に高くなる場合もありますので、ご注意ください。

わたしの愛用はムームードメイン。レンタルサーバのロリポップやヘテムルなんかのグループ会社です。こちらは2年目以降も安く、管理もしやすいのでトータルで考えると使いやすいです。

わたしがよくやるパターンとして、ムームードメインで取得したドメインをさくらのレンタルサーバで使ったりしています。(さくらのレンタルサーバはコスパ高いですが、ドメイン費用が高いので・・・)

フォローする

WordPressとはなにかもう一度おさらいしてみよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


四 × 8 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">