Contact Form 7 おさえておきたいチューニング3選

ヘッダ画像

Contact Form 7 おさえておきたいチューニング3選

Contact Form 7 はとても有能なフォームプラグインです。
ただ、プラグイン側での汎用的な制御が難しい部分はテーマを通じてカスタマイズする必要があります。
このサイトでもいくつかContact Form 7 のカスタマイズ情報を載せていますが、今回は「ここはおさえておきたい」チューニングをまとめてみようと思います。


送信完了ページ

まずは送信完了後のいわゆるサンクスページです。
送信完了ページ自体は固定ページで作成します。
ここでは作成そのものは割愛しますが、下記例ではスラッグthanksとなります。
つまり、送信完了ページのURLはexample.com/thanks/です。
その上で送信完了後に送信完了ページに移管する仕組みを加えます。

<?php //cf7サンクスページの追加
add_action('wp_footer','add_thanks'); 
function add_thanks(){
  $home_url = esc_url(home_url('thanks'));
  echo <<<EOF
  <script>
  document.addEventListener('wpcf7mailsent',function(event){
  location = '{$home_url}'; 
  }, false);
  </script>
  EOF.PHP_EOL; 
}
?>

記述場所はお使いのテーマのfunctions.phpです。
実際のスクリプトはwp_footer()によって、フッタ部分に出力されます。
複数のフォームで異なる送信完了ページの指定はこちらを参照ください。

Contact Form 7へサンクスページをつける(最新版)
Contact Form 7へサンクスページをつける(最新版)

WordPressの鉄板フォームプラグインであるContact Form 7 「スクリプトで表示されるだけの送信完了が分かりにくい」という声は多いです。 よって、サンクスページ、つまり、フォームの送信完了画面を表示させたいという要望は多いです。 もちろん、Co […]

コンバージョン計測

アナリティクスでの送信コンバージョンはこの送信完了ページの表示を目標とすることで簡単に計測することが可能です。

下記はイベントとして計測する方法です。

Contact Form 7の送信をアナリティクスで計測する
Contact Form 7の送信をアナリティクスで計測する

人気のフォームプラグインContact Form 7から「どのくらい送信されたか」をアナリティクスでイベント計測する方法を紹介します。 従来のon_sent_okを使う方法 前段として、これまでのContact Form 7での手法について軽く解説します。 C […]

CF7関連ファイルの出力制御

Contact Form 7 では、wp_head()にフックしてヘッダにscriptCSSが出力されます。
ただ、フォーム設置ページ以外にもサイト全体、つまり、必要のないページにも出力されます。
ページスピードインサイトなどでも指摘される部分です。
無駄な読み込みを避けるためにフォーム設置ページにのみ出力します。

<?php //cf7関連ファイルを指定条件ページだけでロード
add_filter('wpcf7_load_js','__return_false');
add_filter('wpcf7_load_css','__return_false');
add_action('wp_enqueue_scripts','cf7_script_and_style' ); 
function cf7_script_and_style(){
  if(is_page('contact')){
    if(function_exists('wpcf7_enqueue_scripts')) wpcf7_enqueue_scripts();
    if(function_exists('wpcf7_enqueue_styles')) wpcf7_enqueue_styles();
  }
}
?>

こちらもfunctions.phpに記述します。
この例では、フォームは固定ページでスラッグcontactとして作成します。
フォームが複数の場合はis_page(array('contact','form'))のようにカンマ区切りで指定します。
このあたりはいろんなな条件分岐が考えられます。
たとえば、if(is_page_template('contact.php'))というような形で使用テンプレートで指定してもよいでしょう。

reCAPTCHA

スパム送信を防止するreCAPTCHAはGoogleで提供されているサービスです。
よく見かける「私はロボットではありません」という画像を選ぶやつです。
V3からは必要なとき、つまり、あやしいと判定された場合のみ機能します。
いくつかWordPressプラグインとして存在しますが、Contact Form 7 自体でreCAPTCHAを使うことが可能なので、追加のプラグインは不要です。
Googleで発行したサイトキーとシークレットキーのふたつをContact Form 7 のインテグレーションにて設定します。
これだけでContact Form 7 にreCAPTCHA機能を追加できます。
https://www.google.com/recaptcha/about/

コメント機能を使っている場合はこちらも制御できるreCAPTCHAプラグインの方がよいでしょう。

バッチの非表示

reCAPTCHAのマークは視覚的な抑止効果もありますが、コンテンツに隠れてしまう、煩わしいなど邪魔になるケースもあります。

このような際はCSSで非表示にできます。

.grecaptcha-badge { visibility: hidden; }

以上、Contact Form 7 をより活かす、おさえておきたいチューニング解説でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

Contact Form 7の送信完了画面がでない ※このContact Form 7の送信完了画面についての記事はひと世代前の情報です。最新のContact Form 7...

Contact Form 7のラジオボタンを必須項目に(最新版) 今回はWordPressでの超定番のフォーム用プラグインContact Form 7でのラジオボタンの必須項目化について...

Contact Form 7で403エラー メールフォーム定番プラグインのContact Form 7で新規フォームの作成や既存データの編集を行おうとすると403エ...

KB Robots.txtの使い方 WordPressでは自動で仮想robots.txtが出力されます。ユーザに見せる必要のない/wp-admin/と/wp...