管理画面へのログイン URLを変更する

ヘッダ画像

管理画面へのログイン URLを変更する

WordPressのログイン画面ファイルはwp-login.phpです。
URLはドメイン名+ログインページで”http://example.com/wp-login.php”のようになります。
また、管理画面のルートURLとなるwp-adminへのアクセスでも、ログイン画面にリダイレクトされます。

つまり、オープンソースのCMSであるWordPressの場合は誰でもログインページそのものにはたどり着くことができるのです。

WordPressでのブルートフォースアタック対策の切り札

WordPressの管理画面の乗っ取りを目的としたブルートフォースアタックではこのログインページから、ユーザー名とパスワード解析することにより突破を図ります。
「管理画面のIP制限」と並ぶ有効なブルートフォースアタック対策がログインページURLを変更してしまうことです。

Login rebuilder

Login rebuilderはログインページのURLを簡単に変更できるプラグインです。
wp-login.phpやwp-adminではログインページにアクセスできなくなります。

プラグインのインストール

WordPressプラグインディレクトリに登録されていますので、管理画面の新規追加より、検索・追加することが可能です。

Login rebuilderの設定

基本的には「新しいログインファイル」で新しいログインページファイル(ログインURL)を生成して、稼働中に設定するだけで動きます。
「無効なリクエスト時の応答」はwp-login.phpでアクセスしてきた場合の挙動ですので、お好みのものを選択ください。

Login rebuilderの設定画面

Login rebuilderの設定画面

パーミッションの関係(501など)で新規ファイルの作成が許可されていないと「新しいログインファイル」の項目で書き込み不可と表示されます。

書き込み許可がない場合

この場合は項目の下に表示されているソースを新しいログインファイルとして作成(UTF-8/BOMなし)して手動でwp-login.phpと同じ階層へアップロードします。

補足

ログインファイルを変更しても、wp-login.phpから設定自体は読み込みますので、オリジナルは削除してはいけません。

また、一度設定したログインページファイルは消去しないかぎり残ってしまいます。また、ログインもできてしまいますので、あらたに変更、もしくはプラグインを無効化した後は必ず古いログインページを削除してください。

qq

基本的にこの機能はプラグインを使わずとも実装することもできます。
Login rebuilderも脆弱性の問題が生じたことがあったように思います。
プラグインの紹介をしておいてなんですが、本来はセキュリティという部分においては公開されているプラグインは極力使わない方がよいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressのログインユーザー名は丸見え!?

WordPressのセキュリティ対策で必ずいわれるのが、ユーザー名を「admin以外に変更しよう」で […]

Contact Form 7の送信完了画面がでない

お手軽にお問い合わせフォームなどを設置できるContact Form 7 添付ファイルも送信でき、シ […]

3分で設置できる!?CSS3の角丸グラデーションボタン

CSS3と対応ブラウザの登場により、角丸やグラデーションを使ったリンクやフォームの送信ボタンが画像な […]

超簡単!アイコンフォント Font Awesomeの使い方

ひと昔前なら画像で表現していたようなアイコン。 ウェブフォントの登場によって、描画速度が速く手軽に挿 […]