管理画面へのログイン URLを変更する

WordPressのログイン画面ファイルはwp-login.phpです。
URLはドメイン名+ログインページで”http://example.com/wp-login.php”のようになります。
また、管理画面のルートURLとなるwp-adminへのアクセスでも、ログイン画面にリダイレクトされます。

つまり、オープンソースのCMSであるWordpressの場合は誰でもログインページそのものにはたどり着くことができるのです。

WordPressでのブルートフォースアタック対策の切り札

WordPressの管理画面の乗っ取りを目的としたブルートフォースアタックではこのログインページから、ユーザー名とパスワード解析することにより突破を図ります。
「管理画面のIP制限」と並ぶ有効なブルートフォースアタック対策がログインページURLを変更してしまうことです。

Login rebuilder

Login rebuilderはログインページのURLを簡単に変更できるプラグインです。
wp-login.phpやwp-adminではログインページにアクセスできなくなります。
作者の解説にもあるように、この機能はfunction.phpにて実装することもできるのですが、ログインページURLの設定をテーマで管理するのもどうかなと思いますので、素直にこのプラグインを利用させていただきます。

「Login rebuilder」作者の解説ページ

プラグインのインストール

WordPressプラグインディレクトリに登録されていますので、管理画面の新規追加より、検索・追加することが可能です。

Login rebuilderの設定

基本的には「新しいログインファイル」で新しいログインページファイル(ログインURL)を生成して、稼働中に設定するだけで動きます。
「無効なリクエスト時の応答」はwp-login.phpでアクセスしてきた場合の挙動ですので、お好みのものを選択ください。

Login rebuilderの設定画面

Login rebuilderの設定画面

パーミッションの関係(501など)で新規ファイルの作成が許可されていないと「新しいログインファイル」の項目で書き込み不可と表示されます。

書き込み許可がない場合

書き込み許可がない場合

この場合は項目の下に表示されているソースを新しいログインファイルとして作成(UTF-8/BOMなし)して手動でwp-login.phpと同じ階層へアップロードします。

補足

ログインファイルを変更しても、wp-login.phpから設定自体は読み込みますので、オリジナルは削除してはいけません。

また、一度設定したログインページファイルは消去しないかぎり残ってしまいます。また、ログインもできてしまいますので、あらたに変更、もしくはプラグインを無効化した後は必ず古いログインページを削除してください。

追加したログイン用ファイル

追加したログイン用ファイル

今注目の記事

超簡単!アイコンフォント Font Awesomeの使い方
WP子テーマの作り方
Contact Form 7の送信完了画面がでない

フォローする

WordPressとはなにかもう一度おさらいしてみよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + = 八

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">