403ページも自前で用意したい

ヘッダ画像

オリジナルの403ページを表示しよう

WordPressで構築したサイトのほとんどはページが見つからない場合の404ページ(page Not Found)が用意されています。

テンプレートに404.phpを用意することで任意のエラーページを表示させることができますが、許可されていないアクセスに対する403はサーバのデフォルト表示になってしまいます。

どうせなら、403エラーも<オリジナルページを表示させたいものですよね。

レンタルサーバの403ページ

あらかじめ用意されている403ページは正直味気ないというか、ダサイです・・・
たとえば、ロリポップレンタルサーバだとこんな感じです。

ロリポップの403ページ

ロリポップの403ページ

コーポレートサイトやECサイト系なんかだとこれはいただけませんよね。

オリジナルページを作る

ということで、WordPressで403エラー時にオリジナルページを表示させてみましょう。
htaccessを使える場合は手順としてはそれほど難しくなく、固定ページで自前の403ページを作成して、403エラー発生時にリダイレクトするというもの。

1.example.com/403error/という403用のエラーページを作成します。(パーマリンクは任意で結構です)
2.エラー時に転送するために以下をhtaccessに追記します。

ErrorDocument 403 http://example.com/403error/

基本的にはメインメッセージとなる「403 Error Forbidden:リクエストされたページへのアクセスは禁止されています」と「404 Not Found:リクエストされたのページが見あたりません」以外は403と404の内容は共通にしてよいのではないでしょうか。

テスト的にこのサイトのドメイン直下にjsという一般のアクセスを許可しあにフォルダを作成していますので、アクセ薄してみてください。
実際にここで解説している手法の403ページが表示されます。(内容はしょぼいですが)

https://seous.info/js/

エラーページにもオリジナリティが必要!?

まあ、403でアクセスしてくるユーザーは微妙ですが、404などのエラーページはアクセスしたユーザーが困らないように案内するというのはもちろんのこと、せっかく拾ったアクセスを有効につなげるという意識は大切でみなさん工夫されているようです。

人気記事をリスト表示する・ショップ系だと売れ筋商品を掲載するなど、その先を見てみようという工夫がエラーページにも必要ですね。魅力的なエラーページのサイトを探してみてもおもしろいかもしれませんね!

ちなみにこちらがこのサイトの404ページです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressのログインユーザー名は丸見え!?

WordPressのセキュリティ対策で必ずいわれるのが、ユーザー名を「admin以外に変更しよう」で […]

Contact Form 7の送信完了画面がでない

お手軽にお問い合わせフォームなどを設置できるContact Form 7 添付ファイルも送信でき、シ […]

3分で設置できる!?CSS3の角丸グラデーションボタン

CSS3と対応ブラウザの登場により、角丸やグラデーションを使ったリンクやフォームの送信ボタンが画像な […]

超簡単!アイコンフォント Font Awesomeの使い方

ひと昔前なら画像で表現していたようなアイコン。 ウェブフォントの登場によって、描画速度が速く手軽に挿 […]