Snipping Toolの使い方

ヘッダ画像

Snipping Toolの使い方

最近のスマホ用語ではスクショと略されることも多い画面キャプチャですが、Windows PCでは伝統的に【PrintScreenキー】を押すだけでスクリーンショットを撮ることができます。
しかし、このキーを押した段階ではクリップボードというPC内部の記憶域にコピーされただけで、HDDなどに保存されているわけではありません。
ペイントなどの画像を処理できるアプリケーションを開き、ペースト(貼付け)することで、はじめてファイルとして保存することができまます。
正直、使い勝手がいいとは言いがたいですね。


Snipping Toolで簡単にスクリーンショット

実はVistaからはもっと便利なSnipping Tool(スニッピングツール)というキャプチャツールが標準搭載されています。
標準のアクセサリなので、ダウンロードなどする必要はありませんが、一部、VistaのHome Basicには搭載されていないようです。

Snipping Toolはアクセサリより起動できます。
ファイル名指定して実行(Windowsキー+R)→SnippingToolでもOKです)

基本的に撮影方法を選択するだけで簡単に画面撮影できます。

キャプチャ方法の選択

自由形式領域切り取り(フリーハンドのトリミング)・四角形の領域切り取り(四角形のトリミング)・ウインドウの領域切り取り(選択したウインドウのみ)・全画面領域切り取り(表示領域すべて)の4種類の方法で画面のキャプチャが可能です。
保存先は任意の場所を選択できます。

デバイスとプリンタのキャプチャ

メニュー項目をキャプチャしたい

応用としてメニュー項目などを表示させた状態でのスクリーンショットを撮る方法を紹介します。

1.Snipping Tool起動して、「ウインドウの領域切り取り」を選択後、撮影モードに入りますので、【Escキー】で通常画面に戻ります。

2.必要なメニューを表示させた状態でショートカットキーの【Ctrlキー】+【PrintScreen】を押します。

3.メニュー項目が開いた状態のまま撮影モードに戻りますので、領域を指定します。

メニューのスクリーンショット

アプリケーションショートカットの割り当て

マニュアル作成などに重宝するSnipping Toolですが、デフォルトではアプリケーションショートカットは割り当てられていませんので、すぐに呼び出せるようにキーを設定しててみましょう。

スタートメニュー→アクセサリよりSnipping Toolを右クリックしてプロパティを開きます。

Snipping Toolのプロパティ

任意のキーを割り当てよう

わたしはキーボードの端、【Ctrlキー】+【Shift】+【¥】で設定してみました。

上記の画像のように撮影したキャプチャにそのまま蛍光マーカーや赤ペンで書き込めるのも何気に便利です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

これで完璧!Windows起動時のナムロック設定解除 Windowsの起動時にキーボードのnumlockキーを「オフ(無効)にしたい」、あるいは「オン(有効)にしたい」のに意...

コマンドプロンプトでIPアドレスを設定 GUIではなく、コマンドプロンプトからIPアドレスを設定する場合はnetshコマンドを使用します。管理者権限での実行が必...

Firefoxで音が出ない!? 気がつくとFirefoxでYouTubeをはじめ、ブラウザで動画を再生しても音が出ていないことがあります。わたしの場合は...

Windows7 Home Premiumをリモートデスクトップで操作する リモートデスクトップはネットワーク上のWindows PCをネットワーク越しに操作できるという大変便利な機能です。しかし...