VPN経由でインターネットにアクセスする

ヘッダ画像

VPN経由でインターネットにアクセスする

VPN接続中にブラウザなどを使いインターネットへ接続する際はクライアント側の設定でVPN接続先か自分の接続環境のゲートウェイを使うかを制御することができます。

※VPN先がゲートウェイを使用してインターネットへ接続することを許可している必要があります。

VPN先の回線が遅い場合やFTPや管理サイトへのアクセスなどにIPによる制限が掛かっている場合などに適時選択する必要が出てくると思います。

Windowsでの設定

該当のVPNネットワークアダプタのプロパティから詳細設定を開きます。

vpn_tcpip

「全般」タブのインターネットプロトコル(TCP/IPV4)の詳細設定を開きます。

tcpip_property

「IP」タブの「リモート ネットワークでデフォルト ゲートウェイを使う」にチェックを入れるとVPN接続先経由でのインターネット接続となります。

defolty_gw

※キャプチャーはWindows7ですが、VISTAや8でも同様の設定が可能です。

Macintoshでの設定

mac_tcpip

システム環境設定の該当のVPNネットワークアダプタの「詳細」ボタンより「オプション」タブの「すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信する」にチェックを入れるとVPN接続先経由でのインターネット接続となります。

※iPhoneやiPadでは該当のVPN設定の最下段「すべての信号を送信する」となります。

わたしは複数のWordPressサイトを管理しているのでが、セキュリティのために管理画面には接続IPによる制限を行っています。このため、外出時はVPNで接続して許可IPを経由しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

hostsファイルの書き方

ドメインはDNS(ドメインネームサーバ)という仕組みでIPアドレスと紐づけられています。DNSはドメ […]

Windows7でVPNに接続できない

この記事はWindows7でのVPN接続の件ですが、まずはOSX Serverの話を少々。 OSX […]

新しいWindowsPCが既存のNASに接続できない

Windows7や10など新PCに入れ替えたところ「これまで使えていたNASに接続できなくなった」と […]

au キューブ経由でPCやプリンタに繋がらない

スマホ契約者特典で無期限無料でレンタルできる「au HOME SPOT CUBE」 基本的にネット接 […]