au キューブ経由でPCやプリンタに繋がらない

ヘッダ画像

au キューブ経由でPCやプリンタに繋がらない

スマホ契約者特典で無期限無料でレンタルできる「au HOME SPOT CUBE」

基本的にネット接続には別のルータを使用しているので、単純にAPモードという無線LANの親機として使用してみました。

簡単に接続できるとのことでわたしがレンタルした際はマニュアルもなしでした。(以前は付属していたようです)

確かに接続自体は簡単でした。
背面のWANポートを既存のネットワーク(HUBやルータのLANポートに接続)に加えて、PCやスマホなどクライアント側で使用するSSIDを選択して、パスワードを入力するだけです。
APモードではIPアドレスも特に考える必要もありません。

無事に「au キューブ」経由でネット接続ができましたが、ここで問題が発生しました。キューブを経由しているパソコンからLAN内のPCやプリンタにアクセスできないのです。
もちろんPINGも飛びません。

「au キューブ」の設定をチェックしてみることにしました。
背面スイッチをRouterにしてLANポートにクライアントPCを接続します。(無線状態でも設定は可能です)
デフォルトのIPアドレスが192.168.0.1になっていますので、PC側を192.168.0.2などに設定します。(出荷時期によっては192.168.0.254などの場合もあるようです)

※ちなみに「au キューブ」ではモード切り替えスイッチを動かすと再起動が掛かるようです。

ブラウザで192.168.0.1にアクセスすると、ログイン画面が表示されますので、以下のでログイン情報を入力します。

ユーザー名:au
パスワード:1234 

au_login

WIFI設定の中に「プライバシーセパレータ」という項目があり、「有効にすると、そのSSIDに接続しているデバイスに対して、インターネットのみ接続を許可し、他のSSIDやLANに接続しているデバイスとの通信を禁止します」とあります。

au_setting

デフォルトではSSID2がオンになっているので、こちらを選択した場合はLAN内の機器にアクセスできなくて当然です。
こちらを無効にして保存、再起動すれば終了です。

背面スイッチを適切に設定に戻すことを忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

hostsファイルの書き方 ドメインはDNS(ドメインネームサーバ)という仕組みでIPアドレスと紐づけられています。DNSはドメイン(ホスト名)とI...

VPN経由でインターネットにアクセスする VPN接続中にブラウザなどを使いインターネットへ接続する際はクライアント側の設定でVPN接続先のサーバ経由か自分の接続環...

WindowsでVPNに接続できない この記事はWindowsクライアントでのVPN接続についてですが、まずはOSX Serverの話を少々。OSX Serv...

新しいWindowsPCが既存のNASに接続できない Windows7や10など新PCに入れ替えたところ「これまで使えていたNASに接続できなくなった」という症状を耳にします...