IndesignのHelvetica問題

ヘッダ画像

IndesignのHelvetica問題

Indesignなどでのデータ受け渡し時に同名のフォントが存在するのに「フォントが見つからない」というアラートが発生してしまう。

Indesignでのアラート

Indesignでの環境にないフォントのアラート

HelveticaTimesでよく見られるこの現象はDTPでスタンダードなMacintosh(OSX)上のフォント環境の違いから起こります。

DTP環境においての欧文フォントの重複問題

アウトラインフォントとして使用されているのは、TrueTypeとType1(ATM+Postsript font)とOpenTypeです。
現在、DTP環境ではOpenTypeが主流になりつつありますが、欧文書体として使用頻度が高いのはTrueTypeとType1フォントでしょう。

上記はType1フォントで制作されたが、開く環境ではシステムフォントとして同名のTrueTypeが使われているというケースです。
クライアントの環境によってはOpenTypeを使用している場合もあるでしょう。

置き換えるという選択肢も考えられますが、問題なのは同じフォント名でもプロポーションなどが異なるため、体裁崩れを起こす可能性があるということです。

システムフォントとは

システムフォントはそのシステム上でのファインダやアプリケーションなどの表示に使われています。
よって、勝手に削除などをしてしまうとシステムそのものが動作しなくなる可能性があります。
例えば、ターミナルではTrueType版のMonacoが使用されているため、これを削除すると正常に機能しません。

OSXでのフォントの場所

OSXでは以下の3カ所にフォントがインストールされます。
基本的にはこれらのいずれにあってもフォントとして認識するわけですが、それぞれ括弧内のような役割を持っています。

システム/ライブラリ/Fonts(システムで使用するフォント)
ライブラリ/Fonts(コンピュータ全体で使用できます)
ユーザ/ライブラリ/Fonts(ログインユーザーのみ使用できます)

MAC OSX10.6.8でのFont Book

Font Book.app(MAC OSX10.6.8)

純正のフォント管理ツール「Font Book」でのコレクション(左タブ)ではこの3カ所すべてのフォントが表示されます。

HelveticaやTimesでこの問題が多いのは、MacintoshのOSXでは上記のシステム/ライブラリ/Fontsにあるフォントのためです。(システム側でTrueTypeを使用している)

このシステム/ライブラリ/Fontsの中でも削除するとシステムが正常に動作しなくなるフォントについてはTrueTypeであっても「.dfont」という拡張子がついています。(通常はTrueTypeフォントの拡張子は「.ttf」です)

ちなみにTrueType版のHelveticaをはじめとする「.dfont」はOSX10.4以降ではシステム上で管理されており、FontBookやサードパーティのフォント管理ツールFontExplorerなどを使用してもディアクティベート(使用停止)することはできません。

また、このフォルダには通常のTrueTypeやOpenTypeも含まれますが、基本的にシステム/ライブラリ/Fontsの中のフォントは削除すべきではないと考えます。

DTPでの基本フォント構成

OSX10.4以前ではTrueType版のHelveticaをFont Bookなどで使用不可とすることが可能でしたので、比較的容易に混在させることができました。

また、初期からのDTPユーザーでは高解像度の出力環境においてTrueTypeが非対応であったことから、PDFでのエンベットをはじめ、フォント埋め込み出力が全盛の現在でもType1を優先させて使うことが多いです。(フォント埋め込みを行えばTrueTypeも出力可能です)
逆にこれらの出力環境が整備後の比較的新しいDTPユーザーではTrueTypeに対する拒否感がそれほどありません。

このような理由から、これらの欧文フォントを含むドキュメントは混乱しやすい環境にあるといえます。

※余談ですが、かつては似たような現象でポストスクリプトワークフローのベンダーであるAdobeが純正RIPに搭載していたType1の欧文基本書体とHarlequinなどのサードパーティ製のOEM RIPの欧文基本書体に差異があったことから、出力時の体裁崩れが生じるという混乱がありました。

Adobeアプリケーションでの対処方法

そもそも多少の違いがあるとはいえ、それがシビアな問題に繋がるのはDTP以外の用途では考えにくいです。
基本的には追加フォントはライブラリ/Fontsかユーザ/ライブラリ/Fontsのいずれかにインストールしますが、Adobeのアプリケーションではここにインストールしなくても、任意のフォントを追加することができます。
DTPなどでAdobeのアプリケーションの仕様が前提となっている場合は下記の方法でフォントを追加することが望ましいでしょう。

アプリケーションレベルでフォントを追加する

アプリケーションフォルダと同一階層のfontsフォルダに追加します。(フォルダが存在しない場合は追加します)
この場合、Indesignのアプリケーションフォルダに追加した場合はIluustratorでは認識しません。

Adobe製品全般にフォントを追加する

以下の場所にフォントをインストールすることでIllustratorなどAdobe製品すべてアプリケーションで追加フォントを認識させることができます。(フォルダが存在しない場合は追加します)
ちなみにType1フォントはウエイトやスタイルの違いごとにフォントファイルが複数となりますが、TrueTypeフォントは基本的にこれらを内包した1ファイル構成となります。

ライブラリ/Application Support/Adobe/Fonts

※フォント追加後は一度ログアウトしてログインし直してください。(再起動は必要ありません)

フォント追加時の注意点

いずれの方法でもTrueTypeとType1が混在した場合はIndesign上ではTrueTypeを認識することはできません。
以下はIndesignでTimes(TrueTypeとしてシステムフォントに含まれる)のType1版を追加した様子です。

標準のtruetype

システム標準のTimes TrueTypeフォント

Tyoe1フォントを追加

Times Tyoe1フォントを追加した様子

Tyoe1で追加されたフォントはTrueTypeのリストからなくなる

Times Tyoe1フォントを追加したものはTrueTypeのリストからなくなる

現場レベルでのルールでType1のHelveticaやTimesを使っていたとしても、受け渡し元がTrueTypeを使用していた場合はType1フォントを一時的に退避するなどの対処を行わなければなりません。
よって、クライアントから最終的な出力環境まで考慮したうえで同一の認識が必要でしょう。

※内部的なポストスクリプトフォント名で認識するIllustratorでは両方の形式を扱うことができます。

OSXのシステムフォント一覧

以下はOSX(10.6)のシステムフォントとしてインストールされている欧文フォントです。
Indesignのドキュメントにこれらの形式違いのフォントが使用されていると、HelveticaやTimesと同様の問題が生じる可能性がありますので、扱いには注意が必要です。

  1. Apple Braille
  2. Apple Braille Outline 6 Dot
  3. Apple Braille Outline 8 Dot
  4. Apple Braille Pinpoint 6 Dot
  5. Apple Braille Pinpoint 8 Dot
  6. Apple Symbols
  7. AppleGothic Regular
  8. Courier
  9. Courier Bold
  10. Courier Bold Oblique
  11. Courier Oblique
  12. Geeza Pro
  13. Geeza Pro Bold
  14. Geneva
  15. Heiti SC Light
  16. Heiti TC Light
  17. Helvetica
  18. Helvetica Bold
  19. Helvetica Bold Oblique
  20. Helvetica Neue
  21. Helvetica Neue Bold
  22. Helvetica Neue Bold Italic
  23. Helvetica Neue Condensed Black
  24. Helvetica Neue Condensed Bold
  25. Helvetica Neue Italic
  26. Helvetica Neue Light
  27. Helvetica Neue Light Italic
  28. Helvetica Neue Medium
  29. Helvetica Neue UltraLight
  30. Helvetica Neue UltraLight Italic
  31. Helvetica Oblique
  32. Hiragino Kaku Gothic ProN W3
  33. Hiragino Kaku Gothic ProN W6
  34. Hiragino Mincho ProN W3
  35. Hiragino Mincho ProN W6
  36. LastResort
  37. LiHei Pro
  38. Lucida Grande
  39. Lucida Grande Bold
  40. Menlo Bold
  41. Menlo Bold Italic
  42. Menlo Italic
  43. Menlo Regular
  44. Monaco
  45. STHeiti
  46. STXihei
  47. Symbol
  48. Thonburi
  49. Thonburi Bold
  50. Times Bold
  51. Times Bold Italic
  52. Times Italic
  53. Times Roman
  54. Zapf Dingbats

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CSユーザーのためのアドビ クラウド情報(Adobe Creative Cloud)

予想はできたとはいえ、思ったより早く始まったAdobeソフトウエアのクラウドへの移行。 現在、CSを […]

adobe cc 製版会社ではどうする!?

先日、知り合いの小さな製版会社がCreative Cloudを導入したという話を聞きました。 まさに […]