アーカイブページ|「WordPressカスタマイズ」のアーカイブ

ヘッダ画像

「WordPressカスタマイズ」記事一覧

超~お手軽なWordPress全体の閲覧制限

WordPressはページごとにパスワードによる閲覧制限ができます。しかし、今回の話はそれではなく、サイト全体にアクセス制限を掛ける方法です。つまり、新規サイト作成中だったり、プロト構築中の際のアクセス制限のお話し。構築中のサイトを第三者には見られたくないですよね。SEO的にも中途半端な状態でクロールされてもいいことはないでしょう。WordPressの解説では公開前の検索エンジンによるクロール防止...

WordPress「カテゴリーの説明」を表示する

カテゴリページで入力できる「カテゴリーの説明」「これってなんなの?」「SEOに役に立つの?」という方も多いのではないでしょうか。この説明はデフォルトではあまり重要な意味を持ちませんが、これを表示するテーマも中にはあります。このように基本的には入力するだけでは出力されません。使い道はいろいろとありますが、所属記事のリスト表示だけになることの多い、カテゴリページの冒頭に文章を加える、あるいはSEO的な...

固定ページに指定カテゴリの記事を表示したい!

WordPressのカスタマイズではページ内にカテゴリで絞り込んだ一覧を表示したいという要望が多いです。「固定ページ内に特定カテゴリの投稿記事だけを載せたい」「固定ページに目次ページを作成したい」「トップページをひとつのカテゴリだけの記事表示にしたい」「投稿記事の最後にカテゴリの一覧を表示する」今回はコピペで実装できる特定カテゴリの記事表示の方法を紹介します。リストでの一覧取得や最新記事だけ取得表...

WordPressのパスワードをデータベースで再設定

「WordPressのパスワードを忘れてしまった」このような場合はダッシュボードログイン画面の下部リンクからのメールにより再設定するのが、もっとも簡単です。しかし、インストール時のメールを受信できないなどの事情でこの方法が取れない場合はデータベースに直接アクセスすることで対処も可能です。WordPressのユーザー情報はwp_usersテーブルに格納されています。ここではSQL文の記述なしでMyS...

WordPressのRSSフィードを完全にコントロールする

WordPressではコンテンツの更新情報を知らせるために標準でRSSを出力します。その出力方法は...http://example.com/feed/該当URLにfeedを加えるだけです。単純に「フォードURLを知りたい」ということであればこれでOKです!以下、WordPressのフィード出力の仕組みについて詳しく知りたいという方のために詳しく解説します。WordPressではつぎの形式のFee...

WordPressで現在のページ表示に使用しているテンプレートをすべて知る

WordPressでは、投稿タイプに応じてデフォルトの構成テンプレートが適用されます。ただし、プラグインなどを使用しなくても、トップページ(インデックスページ)・固定ページ・カテゴリ、あるいはカスタム投稿タイプなど、表示の際にテーマ中のデフォルトとは異なったテンプレートを適用することができます。しかし、テーマ構成が複雑になった場合に該当ページが「どのテンプレートで表示されているか?」分からないケー...

「トップに戻る」ボタンでスマホでのユーザビリティアップ!

ウェブサイト上でコンテンツを下にスクロールさせると「トップに戻る」ボタンが出現して、クリックするとビューンとページの初めに戻る。そう、このページでも右下に表示されていますね。今回はそのページ内リンクの実装方法を紹介します。長いコンテンツでは非常に便利ですし、動きがあってちょっと楽しいです。結構前から見かけていましたが、クライアントのスマホ想定が必須となった今こそユーザビリティ的にも活きてきそうな仕...

ピンバック機能(XML-RPC)悪用対策

WordPressのピンバックによるDDoS攻撃が話題になっていますね。こちらの記事によると、なんと162,000!?もの正規のサイト(スパムサイトではない)がDDoS攻撃の踏み台に悪用されたという驚きの内容です。→「今度はWordPressが踏み台に、Pingback機能を悪用しDDoS攻撃」WordPressのピンバック機能は自分のサイトの記事URLが貼られると自動的に通知するという機能ですが...

管理画面へのログイン URLを変更する

WordPressのログイン画面ファイルはwp-login.phpです。URLはドメイン名+ログインページで”http://example.com/wp-login.php”のようになります。また、管理画面のルートURLとなるwp-adminへのアクセスでも、ログイン画面にリダイレクトされます。つまり、オープンソースのCMSであるWordPressの場合は誰でもログインページそのものにはたどり着く...

WordPressの自動抜粋の文字数とリンク文字の変更

WordPressではthe_excerpt()関数を使うと記事の抜粋表示ができます。トップページやカテゴリージページなどで全文表示されていれば、テンプレート上のthe_content()をthe_excerpt()に変更すれば抜粋表示にできます。今回は抜粋の文字数や文末の表示などの表示をカスタマイズします。WordPressの抜粋をカスタマイズデフォルトの状態この抜粋の文字数はデフォルトで110...

1 2 3