WooCommerceの忘れがちな設定

ヘッダ画像

WooCommerceの忘れがちな設定

WooCommerceには認識できていない内部的な仕組みや一度把握すれば、以後、あまり触れない設定があります。
このページの内容は健忘禄的でもありますが、スポットで情報をお探しの方には役に立つかもしれません。

WooCommerceでユーザー登録されるタイミング

新規アカウント登録はメールアドレスの入力だけでパスワードなど自動発行されます。
しかし、この段階ではWordPressのユーザーで権限顧客として登録されるものの、WooCommerce上では認識しない。
WooCommerceで認識するのは、パスワード変更や住所など、アカウント情報が更新された時点となります。

WooCommerceユーザーの削除方法

WooCommerceでは、削除する項目はないため、WordPressのユーザーより削除します。
ただし、注文データがある場合はそれを削除しなければ、Woocommerce側での登録は消えないです。

Woocommerceの設定からクーポン設定がなくなった

クーポンは使える状態なのに設定内にメニューが表示されていません。
現在のバージョンでは、マーケティングというメニューができていてそこに移っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

Contact Form 7の送信完了画面がでない ※このContact Form 7の送信完了画面についての記事はひと世代前の情報です。最新のContact Form 7...

Contact Form 7のラジオボタンを必須項目に(最新版) 今回はWordPressでの超定番のフォーム用プラグインContact Form 7でのラジオボタンの必須項目化について...

Contact Form 7で403エラー メールフォーム定番プラグインのContact Form 7で新規フォームの作成や既存データの編集を行おうとすると403エ...

KB Robots.txtの使い方 WordPressでは自動で仮想robots.txtが出力されます。ユーザに見せる必要のない/wp-admin/と/wp...