投稿効率アップ間違いなしのAddQuicktag

ヘッダ画像

投稿効率アップ間違いなしのAddQuicktag

投稿画面にある入力補助のhtmlタグボタン。
「このタグボタンがあったらなあ」ということはないでしょうか。
例えば、デフォルトの投稿画面にはstrongタグはありますが、bタグはありません。
Quicktags APIでテーマ自体に実装することもできますが、今回はより手軽なAddQuicktagというプラグインを紹介します。

超便利なAddQuicktag

AddQuicktagというプラグインならよく使うタグを簡単に追加できます。
使い方は説明不要なほど簡単です。
インストール後、設定→AddQuicktagより必要なタグを登録して、投稿記事や固定記事のどの投稿画面で使うか指定します。

AddQuicktagの登録画面

AddQuicktagの登録画面

※バージョンアップ時などのAddQuicktagの不具合というか、タグが表示されない場合にはこの設定画面右のチェック項目を確認してみてください。

投稿画面にタグボタンが追加さえる!

投稿画面にタグボタンが追加さえる!

ビジュアルエディタでの使い方

「ビジュアルエディタの項目をチェックしているのに使えない」という方もいるようです。
この場合はテキストの投稿画面のツールバーと違っているため、気がつかないことがほとんどです。

ビジュアルエディタのツールメニューが1段になっている場合は全ツール表示切替ボタン(WP3.5のデフォルトなら右から2番目)ですべてのツールを表示させます。

ツールが2段で表示され、2段目左のquicktagというプルダウンメニューよりタグを選択できます。

ビジュアルエディタでのAddQuicktag

ビジュアルエディタでのAddQuicktag

ひな形としての使い方もできる

WordPressに「記事のひな形機能があったらいいのに」と考えた方はいないでしょうか?
見落ちしがちな使い方なのですが、登録するのは必ずしもHTMLタグである必要はなく、ショートコードや定型の文章そのものを登録して雛形として使うなんていうことも可能です。

投稿だけウェブにあまり詳しくない人に任せるとしても、必要なタグをツールバーに追加してあげとくとすごく使いやすいと思います。プラグインを使わなくてもきっとできると思うのですが、誰にでも導入できて、効率は大幅アップ。
登録した内容のインポートとエクスポートの機能もあります。

わたしはテーマ自体に追加してしまいますが、カスタマイズに不慣れな方には手軽に導入できるAddQuicktagはお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

Contact Form 7の送信完了画面がでない ※このContact Form 7の送信完了画面についての記事はひと世代前の情報です。最新のContact Form 7...

Contact Form 7のラジオボタンを必須項目に(最新版) 今回はWordPressでの超定番のフォーム用プラグインContact Form 7でのラジオボタンの必須項目化について...

Contact Form 7で403エラー メールフォーム定番プラグインのContact Form 7で新規フォームの作成や既存データの編集を行おうとすると403エ...

KB Robots.txtの使い方 WordPressでは自動で仮想robots.txtが出力されます。ユーザに見せる必要のない/wp-admin/と/wp...