投稿効率アップ間違いなしのAddQuicktag

投稿画面にある入力補助のhtmlタグボタン。
「このタグボタンがあったらな」ということはないでしょうか。
例えば、デフォルトの投稿画面にはstrongタグはありますが、bタグはありません。
これまで使うタグをいちいち手入力していたのですが、めんどくさいと思いつつ調べてもみませんでした。

超便利なAddQuicktag

しかし、至れり尽くせりのプラグインがありました。
AddQuicktagというプラグインならよく使うタグを簡単に追加できます。
使い方は書くほどないほど簡単です。
インストール後、設定→AddQuicktagより必要なタグを登録して、投稿記事や固定記事のどの投稿画面で使うか指定します。

AddQuicktagの登録画面

AddQuicktagの登録画面

※バージョンアップ時などのAddQuicktagの不具合というか、タグが表示されない場合にはこの設定画面右のチェック項目を確認してみてください。

投稿画面にタグボタンが追加さえる!

入力画面にタグボタンが追加される!

ビジュアルエディタでの使い方

「ビジュアルエディタの項目をチェックしているのに使えない」という方もいるようです。
この場合はテキストの投稿画面のツールバーと違っているため、気がつかないことがほとんどです。

ビジュアルエディタのツールメニューが1段になっている場合は全ツール表示切替ボタン(WP3.5のデフォルトなら右から2番目)ですべてのツールを表示させます。

ツールが2段で表示され、2段目左のquicktagというプルダウンメニューよりタグを選択できます。

ビジュアルエディタでのAddQuicktag

ビジュアルエディタでのAddQuicktag

ひな形としての使い方もできる

WordPressに「記事のひな形機能があったらいいのに」と考えた方はいないでしょうか?
見落ちしがちな使い方なのですが、登録するのは必ずしもHTMLタグである必要はなく、ショートコードや定型の文章そのものを登録して雛形として使うなんていうことも可能です。

投稿だけウェブにあまり詳しくない人に任せるとしても、必要なタグをツールバーに追加してあげとくとすごく使いやすいと思います。プラグインを使わなくてもきっとできると思うのですが、誰にでも導入できて、効率は大幅アップ。

また、登録した内容のインポートとエクスポートの機能もあり、わたしは管理するサイトには必ず使っています。これは本当に便利で手放せません。

フォローする

WordPressとはなにかもう一度おさらいしてみよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 4 = 八

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">