WordPressなど外部サービスからGmailの送信がエラーになる

ヘッダ画像

WordPressなど外部サービスからGmailの送信がエラーになる

フォームプラグインのContact Form 7などのメール送信用にEasy WP SMTPやWP Mail SMTPを介して、GmailをWordPressからの送信サーバ(SMTP)に使用しているケースは多いと思います。
顧客より先日(2021年5月初旬時点)からフォーム送信ができなくなったと問い合わせがありました。
定番のContact Form 7を使用していますが、「メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。」というエラーが発生するようです。

フォーム送信できない

Contact Form 7でのエラー

この赤の囲み線はメールサーバでの問題を示唆しています。
つまり、Contact Form 7側の問題ではなさそうです。
「メッセージの送信に失敗しました」というエラーメッセージが表示されます。何が悪いのですか?

Easy WP SMTPでのテスト

STMPの送信プラグインで確認してみたところ、Google側のセキュリティで認証に失敗しているようです。
先日までは問題なかったので、なんらかセキュリティの強化があったのでしょう。

アプリパスワードで認証する

Google側でアプリパスワードを作成することで認証が可能になります。
このために、まずモバイル端末による2段階認証を有効にする必要があります。

二段階認証を有効にする


携帯電話の番号を入力して、SMSでの認証を完了します。

Googleへのログインには常に携帯電話での認証が必要です。
ただし、自分のパソコンなどでは、次回以降の認証をスキップ指定できます。

アプリパスワードを設定する

アプリを選択→名前を入力を選び、WordPressなど任意の名称を付けます。
アプリパスワードについてのGoogleヘルプ

プラグイン側でパスワードを変更

Easy WP SMTPやWP Mail SMTPでアプリパスワードを反映します。
通常のSMTPパスワードの項目を書き換えます。

以上で正常にGoogle側で認証できるようになります。

一度、生成したアプリパスワードは後から確認できないため、保管を忘れずに。
分からない場合は再度、発行します。

補足

GmailをThunderbirdなどサードパーティークライアントで送受信していた場合、Googleアカウントで2段階認証を有効にした段階でこれまでのパスワードでは接続できません。
上記の手順でメールクライアント用のアプリパスワードを発行して、クライアント側でそのパスワードを適用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

超簡単!アイコンフォント Font Awesomeの使い方 ひと昔前なら画像で表現していたようなアイコン。ウェブフォントの登場によって、描画速度が速く手軽に挿入できるテキストフォン...

3分で設置できる!?CSS3の角丸グラデーションボタン CSS3と対応ブラウザの登場により、角丸やグラデーションを使ったリンクやフォームの送信ボタンが画像なしで表現できるように...

ディレクトリへのアクセスでindex of/を表示させない レンタルサーバではリクエストされたディレクトリにindex.htmlなどブラウザで表示させるべき内容がない場合、inde...

ブラウザの画像などが更新されない WordPressをはじめ、サイト構築を行っていると変更が反映されない場合があります。通常、Windows環境のブラウザ...