Windowsネットワークのワークグループとドメイン

ヘッダ画像

Windowsネットワークのワークグループとドメイン

Windowsネットワークでのワークグループとドメインの違い

本当にざっくりとした説明です。
ワークグループの場合は各クライアントは基本的に対等で特にサーバなどを用意する必要もありません。ログインユーザーなどは各クライアントで個々に行います。

対してドメインの場合はサーバというかドメインコントローラにより、アカウント情報などネットワークを一元管理します。

※Windows NTまでのドメインコントローラ(DC)では単一階層でドメイン情報を管理していたため、規模が大きなネットワークではアカウントの競合が起きこるという問題がありました。そこで、複数のドメイン情報を階層的で管理できるように、Windows 2000からはActive Directory(AD)が導入されました。

ネットワーク内が10台以下のSOHOや家庭内LANではワークグループ、それ以上の規模ならドメイン参加という形で考えればよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

これで完璧!Windows起動時のナムロック設定解除 Windowsの起動時にキーボードのnumlockキーを「オフ(無効)にしたい」、あるいは「オン(有効)にしたい」のに意...

コマンドプロンプトでIPアドレスを設定 GUIではなく、コマンドプロンプトからIPアドレスを設定する場合はnetshコマンドを使用します。管理者権限での実行が必...

Firefoxで音が出ない!? 気がつくとFirefoxでYouTubeをはじめ、ブラウザで動画を再生しても音が出ていないことがあります。わたしの場合は...

Windows7 Home Premiumをリモートデスクトップで操作する リモートデスクトップはネットワーク上のWindows PCをネットワーク越しに操作できるという大変便利な機能です。しかし...