コマンドプロンプトでIPアドレスを設定

ヘッダ画像

コマンドプロンプトでIPアドレスを設定

GUIではなく、コマンドプロンプトからIPアドレスを設定する場合はnetshコマンドを使用します。管理者権限での実行が必要です。

IPアドレスの設定

netsh interface ip set address “アダプタ名” static 「IPアドレス」 「サブネットマスク」 「デフォルトゲートウェイ」

※現在のネットワーク構成は netsh interface ip show configで確認できます。(ipconfigなどでも確認可能)

※アダプタ名は日本語なのでコマンドプロンプト上でコピー&ペーストすると間違いがなく入力も楽です。

ちなみに、staticの後の「IPアドレス」で指定が終わっていると、その後の「サブネットマスク」と「デフォルトゲートウェイ」は未定義となってしまいますので、注意が必要です。

例)
アダプタ名:ローカル エリア接続
IPアドレス:192.168.0.10
サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

netsh interface ip set address “ローカル エリア接続” static 192.168.0.10 255.255.255.0 192.168.0.1

DHCPサーバより自動取得させる場合
netsh interface ip set address “アダプタ名” dhcp

DNSサーバ・WINSサーバの設定

例)
アダプタ名:ローカル エリア接続
プライマリDNS:202.234.232.6
セカンダリDNS:202.234.232.7
プライマリWINS:192.168.0.249
セカンダリWINS:192.168.0.250

netsh interface ip set dns “ローカル エリア接続” static 202.234.232.6 primary
netsh interface ip add dns “ローカル エリア接続” 202.234.232.7

netsh interface ip set wins “ローカル エリア接続” static 192.168.0.249
netsh interface ip add wins “ローカル エリア接続” 192.168.0.250

対話モードで設定する

上記ではコマンドモードにて1回の処理で設定していますが、入力コマンドが長くなってくるので、サブコンテキストへ移動して対話モード(インタラクティブモード)にて実行することもできます。

C:\>netsh →netshコマンドを起動
netsh>interface →interfaceコンテキストへ移動
interface>ip →ip(ipv4)コンテキストへ移動
ip>set address “ローカル エリア接続” static 192.168.0.10 255.255.255.0 192.168.0.1 →IPアドレスの設定

※プログラムの終了は「exit」or「bye」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これで完璧!Windows起動時のナムロック設定解除

Windowsの起動時にキーボードのnumlockキーを「オフ(無効)にしたい」、あるいは「オン(有 […]

Firefoxで音が出ない!?

気がつくとFirefoxでYouTubeをはじめ、ブラウザで動画を再生しても音が出ていないことがあり […]

Windows7 Home Premiumをリモートデスクトップで操作する

リモートデスクトップはネットワーク上のWindows PCをネットワーク越しに操作できるという大変便 […]

Windows7で起動時にネットワークドライブがマウントできない

ネットワークドライブに設定するとNASやネットワーク上のサーバ・PCをマウントしてローカルディスクの […]