Windows Updateの更新プログラムをアンインストールする

ヘッダ画像

Windows Updateの更新プログラムをアンインストールする

セキュリティ維持の面で欠かせないWindows Updateですが、更新プログラムが適用されることで、これまでなかった問題が生じるケースもあります。
このような状況においては特定の更新プログラムをアンインストールしたい場合もあるでしょう。


該当の更新プログラムを見つける

事前に特定のケースにおける更新プログラムによる不具合についての情報がある場合もあれば、自分で見つけなければならない場合もあると思います。
まずは直近にプログラムの適用があったかどうか確認します。

「コントロールパネル」→「プログラム」→「インストールされた更新プログラム」より、お使いのシステム上でアップデートされた内容を確認します。

修正プログラム一覧

時期がはっきりしていれば、日付でソートすると見つけやすいと思います。
(あらかじめ、プログラム名が分かっているのであれば、検索すればすぐに見つけられます)

修正プログラム日付ソート

更新プログラムの削除

該当の更新プログラムを発見できたら、引き続き「インストールされた更新プログラム」よりアンインストールします。
(アンインストールするプログラム名は後で確認できるようメモしておきます)

修正プログラムアンインストール

対象の更新プログラム上で右クリック、削除のアラートを確認して実行します。
再起動を求められる場合はアラートに従います。

アンインストールアラート

アンインストール中

該当プログラムが自動更新されないようにする

これで特定の更新プログラムを削除できたわけですが、このままであれば、また次回の更新でアップデートされてしまいます。
このため、該当のプログラムについては以後、更新されないようにします。

「コントロール パネル」→「システムとセキュリティ」→「Windows Update」より「更新プログラムの確認」を実行します。

更新プログラムの再確認

「〇〇個の重要なプログラムが更新できます」または「重要な更新プログラムの確認」をクリックすると未更新の更新プログラムが表示されます。
ここに先に削除したプログラムが表示されているはずです。

自動更新させない

こちらのチェックボックスを外すことで次回更新は行われません。
さらに永続的に更新させないためには右クリックで非表示に設定します。
これでこのプログラムは以降のWindows Updateで案内されることはなく、自動更新されることはなくなります。

非表示設定後

(再度、更新させたい場合は「Windows Update」左メニューの「非表示の更新プログラムの再表示」で再度、表示させて設定を行うことでアップデートさせることができます)

※Windowsアップデートでの更新プログラムの削除はセキュリティ面で欠かせない場合もあります。くれぐれも慎重に実行ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

これで完璧!Windows起動時のナムロック設定解除 Windowsの起動時にキーボードのnumlockキーを「オフ(無効)にしたい」、あるいは「オン(有効)にしたい」のに意...

コマンドプロンプトでIPアドレスを設定 GUIではなく、コマンドプロンプトからIPアドレスを設定する場合はnetshコマンドを使用します。管理者権限での実行が必...

Firefoxで音が出ない!? 気がつくとFirefoxでYouTubeをはじめ、ブラウザで動画を再生しても音が出ていないことがあります。わたしの場合は...

Windows7 Home Premiumをリモートデスクトップで操作する リモートデスクトップはネットワーク上のWindows PCをネットワーク越しに操作できるという大変便利な機能です。しかし...