MacからWindowsをリモート操作する

ヘッダ画像

MacからWindowsをリモート操作する

10.4以降のMacintoshでは画面共有にてネットワーク上の他のMacのリモート操作が可能です。
Windowsでのリモートデスクトップにあたるわけですが、実はMacからWindowsをリモートすることもできます。
といっても、Apple純正の画面共有を使うわけではなく、マイクロソフトからフリーで供給されているMac用のリモートデスクトップクライアントソフトを使用します。

Remote Desktop Client for Macのダウンロード

※リンク先が変更されている場合はサイト内検索でリモートデスクトップを検索ください。

インストールはダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックするだけ。
使い方も対象のWindowsPCのIPアドレスを入力するだけといたって簡単です。
(あらかじめ、操作される側のWindowsPCでリモートデスクトップを許可しておく必要があります)

rdc_mac

速度もなかなかでMac同士の画面共有よりもスムーズな操作感と思えるほどです。
環境設定でキーボードの違いを補完するするための割り当てが可能ですが、Windowsを操作するにあたって、最低限知っておいた方がよいショートカットキーを記しておきます。

右クリック
【ctrl】+【shift】+クリック

全画面表示
【command】+【2】

ウィンドウズキー
【option】+【F1】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

SMBファイル共有で使用するポート Macintosh同士の通信には基本的にAFP (AFP over TCP) というプロトコルが使用されます。ルータなど...

消えたOSXのサイドバー表示を復活させる 何気に使いやすいOSXのウインドウサイドバー。これが急に表示されなくなってしまうことがあります。Finderの「サイドバ...

Mac OSXの10.6以降ではHDDのアイコンがデスクトップに表示されない OSXの10.6以降ではデフォルトで内蔵HDDや接続中のサーバなどのボリュームアイコンが表示されなくなってしまいました。...

OSXデフォルトのアクセス権を変更する デフォルトのアクセス権OSXでの新規フォルダやファイルのアクセス権は以下のようになります。オーナー→R+W(読み・書き)...