OSXでのファイル圧縮(zipファイル生成)方法

ヘッダ画像

OSXでのファイル圧縮(zipファイル生成)方法

OS9の時代はstuffitなどサードパーティのアーカイブユーティリティを用意していましたが、OSXではアーカイブソフトはzip(圧縮解凍)アーカイブできる機能が標準で実装されています。
あまり使う機会がないと忘れてしまうので覚え書きです。

圧縮は下記のいずれかの手順で行えます。

1.圧縮するフォルダやファイルを選択し、プルダウン「ファイル」→「圧縮」を選択

2.Controlキーを押して項目フォルダやファイルを表示されるメニューより「圧縮」を選択

3.フォルダウインドウを開いた状態で項目を選択し、ウインドウ上部の「アクション」メニュー(歯車のアイコン)から「圧縮」を選択

解凍は単純にzipファイルをダブルクリックするだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SMBファイル共有で使用するポート

Macintosh同士の通信には基本的にAFP (AFP over TCP) というプロトコルが使用 […]

消えたOSXのサイドバー表示を復活させる

何気に使いやすいOSXのウインドウサイドバー。 これが急に表示されなくなってしまうことがあります。 […]

MacからWindowsをリモート操作する

10.4以降のMacintoshでは画面共有にてネットワーク上の他のMacのリモート操作が可能です。 […]

Mac OSXの10.6以降ではHDDのアイコンがデスクトップに表示されない

OSXの10.6以降ではデフォルトで内蔵HDDや接続中のサーバなどのボリュームアイコンが表示されなく […]