adobe cc 製版会社ではどうする!?

ヘッダ画像

adobe cc 製版会社ではどうする!?

先日、知り合いの小さな製版会社がCreative Cloudを導入したという話を聞きました。

まさに家族経営といえる小規模事業者ですが、1ライセンスの購入なのに、グループ版を導入したようです。(年額24,000円高い)
どうもこれまでの付き合いのある製版機機・資材系の販売店では個人版は扱えないということです。しかも、年額一括のみの取り扱いとのこと。

前の記事にも書きましたが、中小企業ではよほどの数でない限り、コスト的に個人版を使用すべきです。
また、昨年末にはCSのバージョンアップポリシーの変更で「直近1つ前の主要バージョンまでしかアップグレードできない」という条件を打ち出し、大々的にアップグレードを促進しました。そのわずか半年後にCreative Cloudへの移行が発表され、そのコストは実質的に無意味なものとなってしまいました。

ほんとうにこういう観点から見ると今回のAdobeのやり方は納得できません。

ともあれ、小規模な製版会社などでは販売店には泣いてもらっても、個人版を購入するのがベストプラクティスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

IndesignのHelvetica問題 Indesignなどでのデータ受け渡し時に同名のフォントが存在するのに「フォントが見つからない」というアラートが発生して...

CSユーザーのためのアドビ クラウド情報(Adobe Creative Cloud) 予想はできたとはいえ、思ったより早く始まったAdobeソフトウエアのクラウドへの移行。現在、CSを使っているユーザーのた...