WordPressサイトからgooへping送信する

gooのPingサーバにはWordPressサイトからのPing送信ができません。送信クライアントがWordPressの場合には、はじかれてしまうのです。そこで、先に紹介したcbnet Ping OptimizerというPing送信用プラグインを使ってこの送信クライアント部分を書き換えます。

WordPress3.5以上ならWordPress Ping Optimizer

Ping送信についてはWordPress3.5でping送信が改善!?を参照ください。
これからWordPress3.5以上にプラグインを入れられる方はcbnet Ping Optimizerではなく、WordPress Ping Optimizerを使ってください。

送信クライアント情報の書き換え

クライアント部分の– WordPress/を自分のサイト名などに置き換えます。

WordPress Ping Optimizerの書き換え箇所はプラグイン編集よりwordpress-Ping-optimizer/cbnet-Ping-optimizer.phpの440行目あたりになります。(cbnet Ping Optimizerも同様)

Pingサーバへの送信をログで確認

送信ログで下段で送信できなかったgooのPingサーバに送信できているのが確認できると思います。

 Ping Optimizerのログ

wordpress-ping-optimizerの送信ログ

有効なPing送信先(2013年6月現在)

参考までにわたしが設定しているPing送信先を書いておきます。(現時点で正常に稼働しているサーバです)

http://rpc.pingomatic.com/

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://ping.blo.gs/

http://ping.blogranking.net/

http://ping.dendou.jp/

http://ping.fc2.com/

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://ping.rss.drecom.jp/

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://serenebach.net/rep.cgi

http://taichistereo.net/xmlrpc/

http://www.i-learn.jp/ping/

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://www.blogpeople.net/ping/

フォローする

WordPressとはなにかもう一度おさらいしてみよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 − 四 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">