WordPress3.5でping送信が改善!?

もともとがブログソフトウエアなのですから当たり前ですが、WordPressでは標準でPing送信機能を備えています。しかし、これまでのWordPressには致命的な欠点がありました。
それは下書きや変更でもPing送信されてしまうということ。

WordPress3.5は不要なPingを送信しない

わたしは記事の投稿後に細かな修正をよくやってしまうのですが、これまでのWordPressではその都度、Pingを送信してしまうのです。10回修正すれば、1つの記事で10回のPing送信をしてしまいます。これではスパム送信と見なされてしまいます。
これがバージョン3.5より改善されているらしいです。

Ping送信プラグインはもう不要?

こういった問題を解消するために、これまでcbnet Ping Optimizerというプラグインが定評ありました。記事の更新では送信されず、予約投稿にも対応しています。

最新バージョンは3.0ですが、これをWordPress9.5に入れると「このプラグインはもう必要ないよ」的なメッセージが表示されます。ようは標準の状態で問題ないということらしいです。

それではWordPressのPing送信にもうプラグインは必要ないのでしょうか?
わたしはこのプラグインには使うメリットがあると思っています。
ログでPing送信が成功したか確認できるのです。正常に送信できないサーバはリストから外す、あるいは別の送信先を加えるといったことができます。また、gooなどではからのPingは拒否されますが、クライアント情報を変更することで送信が可能となります。
それと、プラグイン上でEnable Pingingからチェックを外すとPing送信されません。テスト投稿なんかでPing送信したくないときはこれをオフにするという使い方でも非常に重宝しています。

最新のWordPressでも使えるPing送信プラグイン

上記のように、cbnet Ping Optimizerは3.5.1では使用することができません。そこで見つけたのが、wordpress-Ping-optimizerです。

 Ping Optimizerの設定画面

Ping Optimizerの設定画面


と思ったら、このwordpress-Ping-optimizerはcbnet Ping Optimizerと同じものですよね??OEM?詳しいことがよく分からないのですが、正常に動作します。

ということで、wordpress-Ping-optimizer以降でも使用可能です。
ちなみにcbnet Ping Optimizerの旧バージョン2.3.3は3.5でも動作しています。

余談ですが、HTMLサイトからに置き換えるにあたって、更新すると通知される仕組みというのはすごく魅力的に感じました。しかし、スパムまがいの乱用も多く、また、現在の検索エンジンはクロール自体が早いこともあって、以前のような恩恵は受けられないようですね。

そうは言いつつも、スパムではないPing送信は行いたいものです。

先のgoo対応のクライアント情報を変更する方法は別の記事で紹介したいと思います。

フォローする

WordPressとはなにかもう一度おさらいしてみよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


四 − = 0

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">