テーマ・テンプレート 一覧

WordPressで現在のページ表示に使用しているテンプレートをすべて知る

WordPressでは特にプラグインなどを使用しなくても、トップページ(インデックスページ)・固定ページ・カテゴリ、あるいはカスタム投稿タイプなど、表示の際にテーマ中のデフォルトとは異なったテンプレートを適用することができます。
しかし、逆にテーマ構成が複雑になった場合に該当ページが「どのテンプレートで表示されているか?」分からなくなってしまうケースもあります。
続きを読む

WP子テーマの作り方

WordPressでは子テーマという機能があります。
既存のテーマをカスタマイズする際に変更したい部分を子テーマで定義できます。
元のテーマにはまったく触れる必要がありません。

デフォルトで採用され、デザインだけでなくSEO的にも評価の高いTwentyシリーズのカスタマイズには最適です。子テーマはカスタマイズのメンテナンス性が向上するだけではなく、テーマのアップデートの際にも上書きされて元のデザインに戻ってしまうということもありません。 続きを読む

noindexを任意のページに出力する

SEOでは欠かせないmetaタグのnoindex
WordPressでは通常の静的HTMLサイトと違いテンプレートから一律にヘッダー情報が読み込まれることから、ページごとにnoindexを付けるのは面倒です。

「All in One SEO Pack」や「WordPress SEO by Yoast」などのプラグインでも可能ですが、これらを使わずより柔軟、かつ記事登校時に手間をかけないようnoindexタグを任意のページで出力させる方法を紹介します。 続きを読む

CGIなどで追加するヘッダー情報を指定ページのみに出力

以前にメールフォームプロCGIのWordPressでの設置方法を書きました。
前回までの内容ではCGIでプログラムに必要なスクリプトの読み込みをヘッダーテンプレート内に記述するため、例えばフォームが必要なのはお問い合わせのページだけだったとしても、トップページその他不必要なページにまで書き出してしまいます。

表示速度やクローラビリティを考えるとヘッダー内はシンプルにしたいものです。 続きを読む

canonicalタグの意味と使い方

現在のWordPressではヘッダー内にrel=”canonical”タグが投稿・固定ページには自動で出力されます。
どのバージョンから自動でつくようになったか詳細を失念してしまいましたが、ver2.8以上と聞いたような気もします。
この際に自動で出力されるのはそのページのパーマリンク(URL)となりますが、はたしてこれで用をなすものなのでしょうか。

続きを読む

メールフォームプロCGIをWordPressに設置

フォームについていろいろとプラグインを検討しているんですが、どうも満足できるものがありません。
というのも、今回はフォーム送信データを一括して出荷伝票を印刷したいという条件があるため、臨機応変にCSV出力ができる必要がありました。
Trust Formはかなりいい線いってるんですが、どうしても必要となるCSV出力がフォームごとにバラバラになってしまうんですよね。

複数のCSVを結合でしのごうと思ったんですが、毎回のこととなるとこれも面倒。

ということで、CGIのプログラムから探してみることにしました。
続きを読む

自作テーマで画像が回りこまない

自作テーマを作成したところ、画像が回りこまない!?
なぜ??と思ったのですが、よくよく考えてみるとCSSに画像の回り込み関係のスタイルを指定していませんでしたので、当たり前です・・・ 続きを読む